新商品開発部

自分で何かを生み出せる
技術者に

2012年入社 / 趣味:旅行、老舗・名店巡り

竹中電子工業株式会社 先輩インタビュー

製品のすべての要素を理解できる魅力

現在は、ソフトウェア開発を行っています。ソフトウェアといっても、PCや制御装置の大規模なソフトウェア開発とは異なり、ハードウェアと距離の近いマイコンでの開発が主です。そのため、大規模ソフト開発で行うような機能ごとでの開発ではなく、自分で製品の表示方法、操作方法、データ処理などを1つ1つ決め、ハードウェアや製品仕様との整合を取りながら開発を進めています。以前の担当は製品の機構部品の設計、レンズ形状決定など機構設計を行っていました。1つのことを専門にするのではなく、メカ、電気、ソフト、光学と担当するセンサを開発するのに、必要なことをするというイメージです。竹中電子工業は、製品の一部ではなく、製品のすべての要素を理解できるところが魅力です。経験を積んでいき、「製品のこの部分ができます」というのではなく、「この製品を作れます」と言えるようになりたいです。

竹中電子工業株式会社 先輩インタビュー

苦しくとも充実

初めて自分でソフトウェアを書いた開発業務が印象に残っています。これまでソフトウェア経験はほとんどないに等しかったのですが、そこから先輩社員の方々と話し合う中で少しずつ機能やメニューなどを決めていき、自分で製品完成に向け、機能をコードに落とし込んでいきました。知らないことも多く苦しいと思うこともありましたが、自分が考えを深めるほどに、よりよく出来上がってくるので、とても充実していました。量産がスタートし、会社のホームページで自分が携わった製品が新商品として掲載された時、「ちゃんと世に出たのだな」と感慨深いものがありました。

遊び心、好奇心を忘れない

仕事なので、こういう言い方をするのはどうかと思うのですが、「遊び心、好奇心を忘れないこと」は仕事をするうえで、ちょっと大切にしています。製品を量産するという意味できっちりするべきところはもちろんきっちりするべきですが、開発段階では、今社内でやっていないことや、新しい機能に挑戦するという側面が必ず出てきます。その時に、「うまくいけば面白そう」、「この機能をやってみたい」という、新しいことに挑戦する一歩を後押しするような遊び心や好奇心を大事にしています。そして、将来的には自分で何かを生み出せる技術者になりたいと思っています。